BOOKS AND MAGAZINES

電子書籍あり

薬屋のひとりごと 12

著者
シリーズ
出版年月日
2022/07/29
発売日
2022/07/29
ISBN
9784074524006
判型・ページ数
文庫 ・ 440ページ
定価
792円(税込)

この本へのご意見・ご感想

ネットショップで購入

  • Amazon
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング
  • honto
  • TSUTAYA オンラインショッピング
  • 紀伊國屋書店ウェブストア
  • e-hon 全国書店ネットワーク
  • Honya Club.com
  • HMV&BOOKS online
  • ヨドバシ.com

玉鶯は、蝗害は異民族のせいで起きたと憤る民を鎮める名目で、砂欧に戦争を仕掛けようとしていた。壬氏は戦を避けようと頭を悩ませていたが、玉鶯の暗殺という思わぬ形で戦を回避することになる。しかし、領主代行を失った西都の舵を取る者がいない。壬氏は、いやいやながら西都の政務を執ることになった。 猫猫は、心身ともに疲弊する壬氏を気遣いながら、怪我人や病人を診る日々を送っていた。そんなある日、壬氏は、領主代行だった玉鶯の息子たちを、西都のために後継者として政治を教え、育成してほしいと頼まれる。しかし、玉鶯の長男・鴟梟はどうしようもない無頼漢であった。他の二人も後継者教育を受けたことなどないことがわかり、猫猫は頭を抱えてしまうのだが----。

FAQ

ページトップへ