BOOKS AND MAGAZINES

中國紀行CKRM Vol.28

カテゴリ
出版年月日
2022/07/26
発売日
2022/07/26
ISBN
9784073437284
判型・ページ数
B5 ・ 132ページ
定価
1,000円(税込)

この本へのご意見・ご感想

ネットショップで購入

  • Amazon
  • 楽天ブックス
  • セブンネットショッピング
  • honto
  • TSUTAYA オンラインショッピング
  • 紀伊國屋書店ウェブストア
  • e-hon 全国書店ネットワーク
  • Honya Club.com
  • HMV&BOOKS online
  • ヨドバシ.com

有史以前より、日本列島には世界中の人が訪れています。古くは、良質の黒曜石を求めてだったのかもしれません。今でいう貿易商は、様々な文化に必要とされるものを求め、世界中を旅しました。その中で一番難儀したのが、食べ物だったでしょう。食べ物が合わなければ、その地に長く留まることができません。力ある貿易商は、自分の口に合う料理を提供してくれる料理人と共にいることを重視しました。料理人は貿易商と共に旅をし、その地域で用意できる食材をもとに、彼らの口に合う料理を作り出します。現地の食材を活用するので、そこで暮らす人にとっては、さぞ衝撃的だったでしょう。自分たちが食べている食材が、見たこともない料理に変わり、食べてみたら美味しい。日本各地の中華街は、かつての貿易の中心地にあります。そこに残っている事業が、どうして飲食業なのか。中華文化と食の伝播を考えながら、中國紀行CKRM的視点で迫っていきます。

FAQ

ページトップへ